電子書籍制作・電子書籍出版 株式会社リポジション

出版社のご担当者の皆さまへ

既に電子書籍を販売されている出版社の皆さまへ

こんなことでお困りではないでしょうか
  • Case1電子書籍書店毎(Kindle、KOBOなど)に元のEPUB3ファイルを修正しなくてはいけない
  • Case2epubcheckでは、エラーが出ていないにもかかわらず電子書籍書店側から、修正依頼が多くて手間がかかる
  • Case3本文の内容を一部変更してみたいけど、ファイルが煩雑で、どこをどう直していいか分からない

このようなお悩みを抱えていらっしゃるご担当者の皆さま、是非一度、リポジションにご相談ください。

お問い合わせはこちら

Case.1 電子書籍書店毎(Kindle、KOBOなど)に元のEPUB3ファイルを修正しなくてはいけない

弊社では、ビューワ毎のクセを理解し、1ソースマルチデバイス対応のEPUBを制作致します。

各電子書籍書店のビューワに対応するには、それぞれの特徴や“クセ”を把握した上で、元のソースとなるEPUBファイルを制作しなくてはなりません。例えば、画像にテキストを回り込ませたい、といった場合、残念ながら一部のビューワでは、レイアウトが大きく崩れる、エラーになるなどという現象が起こります。

読者にストレスが無く、かつ、画像回り込みをさせない仕様での制作を行う必要があります。

また、目次ファイル等にも工夫が必要で、全てのビューワに対応したEPUBファイルを制作するには、高いWEBコーディング技術と各ビューワの“クセ”を熟知したノウハウが必要となってきます。

Case.2 epubcheckでは、エラーが出ていないにもかかわらず電子書籍書店側から、修正依頼が多くて手間がかかる

弊社では、epubcheckは勿論、主要の各ビューワで検証し、問題なく閲覧できることを確認後、納品致します。

epubcheckでエラーや警告が無いからと言って、各ビューワでの閲覧に問題が無いかと言えば、そうではありません。epubcheckはあくまで、基本的なタグやEPUB全体の制御ファイル(.opfファイル)、目次ファイルの記述に、原理的な問題がないかを確認するツールで、各ビューワで問題なく閲覧できることを保証するものではありません。

つまり、epubcheckでのエラーや警告が無く、かつ、各ビューワに対応した仕様の策定、そして、IDPF、W3C等の規約に完全準拠したコーディングが必要不可欠なのです。

epubcheck : https://code.google.com/p/epubcheck/

Case.3 本文の内容を一部変更してみたいけど、ファイルが煩雑で、どこをどう直していいか分からない

弊社では、不要なタグ、スタイルを排除し、メンテナンス性を重視した綺麗なソースコードで制作致します。

EPUB3ファイルを依頼している制作会社から納品されたデータが、きちんと整理されたデータでない場合、底本のどの部分がどこのxhtmlファイルに記述してあるか分かりにくい場合が多く、文字修正や文章の追加などが困難になるケースが多いです。また、前述のように、コーディングが煩雑ですとレイアウトや画像の配置などでも修正・追加が出来ない場合があります。

先々のメンテナンスを考えて、整理されたファイル構成、コーディングを行う必要があります。

リポジションでは、このように、現在制作を委託している会社に不安を抱えている出版社のご担当者様の為に、EPUBファイルの診断を1社1ファイル限定で行わせて頂きます。もちろん無料です。ご興味のある方は、「EPUBファイル診断申し込みフォーム」よりお問い合わせください。後程、担当者からご連絡させて頂きます。

EPUBファイル診断とは

EPUBファイル診断申し込みフォーム

PAGE TOP